2009年03月13日

e-taxはやらない方がよいと思う

確定申告の締め切りもあとわずか。

年金生活の両親の確定申告を
両親同席の元e-taxを利用して今年初めて行った。

両親は、前年税務署員のお手伝いを元にe-taxで申告していた為
手元に資料(開始届出書や利用者識別番号)があったから
まだなんとか出来た感じ。

それでもe-taxを初めて利用する時、
住民基本台帳ICカード用暗証番号、e-tax用暗証番号、
納税用暗証番号、証明書の暗証番号なんだかんだとあまりにも
暗証番号がありすぎて、どれがどれに相当するのか
見つける作業だけで既にストレス満杯だった。
しかも3回間違うと使えなくなるパスワードまであるのだ。

私は直前で気付いたのでよかったのだが、
前年税務所の人と役所でe-taxで申請した人は、
既に利用者識別番号とパスワードががあるはずなので、
それに気付かず、新たに利用者識別番号をe-taxを介して申請してしまうと、
新しい番号が手元に郵送される事になるらしいので注意した方が良い。

そんなわけで

「今年までは5000円還付されるから」とやろうと思ったら
大層な労力を要するのでよく考えて慎重に行った方が良い。
手数料や機器購入に最低で3000円は必要だし、
役所までの交通費や平日休まないといけないのも考慮したい。

送られている年金の資料というのも、12か月の間に
介護保険やら長寿医療保険とか、名前を変え、詐取時期も
変わり、どれを見れば良いのかほんとに解り難い!

というか故意に誤魔化してるのか?
と思うくらいに酷いのである。

税金の知識がないと何の資料が必要かもわからない。
医療の控除も今更レシート集められないけれど、
基本は10万円以上の場合が控除の対象。
保険は、掛け金が年間10万円以上の保険があれば、
最高で5万円の控除が受けられる。
という事は、複数社かけていても控除はMAX5万円だから
いくつも保険の証書を用意する必要はないのである。

こうやってみると
企業やお金持ちは税理士を頼んで節税するわけですよ。
そしてあらゆる技で法の網をかいくぐるわけですね。

話はe-taxに戻りますが、
私は日常的にパソコンを使っているのでインストールや
証明書などそこまで面食らわないと思っていたのですが、
そこにたどり着くまでの、その前の段階の、

住民基本台帳ICカード発行に伴う役所の人の意味の無い作業や
説明下手なパスワードの事や写真撮影の不手際・・・
などなどうんざりだった。
時間もかかる。1時間以上はかかる。

事前に役所に電話をし、必要書類などを確認。
本人じゃないと住民基本台帳は作れないというから父親に同行していて、
必要な顔写真入の免許書、敬老パスや、国民保険を持参して行っているのだが・・・、
本人確認の為と更に窓口で、父親本人に本人なのかを確認をするのだ。

住所や名前以外にも本籍、過去にどこに住んで転移転をしたか、
同居人の名前、誕生日

これって何を確認したいのかが分からない。
これは確定申告のための書類作りなのであって、
遺産相続でもあるまいし、本人はこうやって来ているのだから、
疑うんだったらむしろ同行している私の身元を
確かめたほうが早いんじゃないか?と思った。

住民基本台帳ICカードで何が出来るかしらないが、
だったら、e-tax専用のカードにすればいいのに。
納税する人にあまりにも失礼だ。


そもそも住民基本台帳ICカードやe-taxを広める気がない
のが伺える。


高齢者にパスワードをいくつも設定させるのは無理がある。
住民基本台帳ICカードは他市、他県、他区に行けば使えなくなる。
大したメリットもない。
一体誰に利用させようとしているのだろうか?
なぞである。

写真撮影も、大層お粗末なもので
枠からはみ出ていただの、暗かったとかなんとかで
撮影者が変わって撮り直し・・・。

そもそも写す場所に無理がある事に全く気づいていない。
バックは青より白が良いに決まってるのだ。
クロマキーにするわけじゃあるまいし。たかが小さい写真。
専用ボックスを作れば良いのだ。受付で無理矢理デジカメで写真を
撮るからこんなことになるんだ。
加えて、写真がついてる証明書を出しても、
結局口頭質問するんですからね。

役所って・・・。税金泥棒め・・・。
給料高すぎだよ。

こっちは正しい納税をしようとしてるのに、本末転倒だよ。

てなわけで・・・。

無事3月4日にe-taxにてなんとかデータを送付。
データも暗号化できて改ざんの問題もなしと出た。
が、確認の為電話を掛ける場合があると出た。

はて?
正しく申告できたのかどうかはどうやって調べればよいのだろう?

予想どうり、電話やメールでの連絡は全く無く
今日現在申告がクリアーしたのかどうかわからない。

せめて問題なく完了したのかどうかだけでも教えてほしいよなー。

e-taxはきっと浸透しないと思いますし、オススメしません。

でも、浸透しない事を前提に莫大なお金をかけて作っていたとしたら?
どうしましょう・・・。


posted by アッシュ | Comment(0) | 少しだけクリティカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。